太陽光

エコキュートを設置するなら業界最安値・抜群の施工実績、お申込から設置まで安心のコミコミ価格!安さ日本一とくとくショップ

エコキュートのとくとくショップ

お問い合わせはこちら
-
奈良県 N様邸
奈良県 N様邸

PanasonicEQ:シルバーのエコキュートに決めました!

-
広島県 H様邸
広島県 H様邸

東芝EQ:東芝EQ導入!

-
広島県 H様邸
広島県 H様邸

パナソニックEQ:パナソニックEQ導入!

-
埼玉県 佐々木様邸
岐阜県 南田様邸

ダイキンEQ:光熱費が下がるのが魅力!

-
埼玉県 佐々木様邸
埼玉県 佐々木様邸

三菱EQ:三菱の省エネ性に期待!

-
京都府 樋田様邸
京都府 樋田様邸

三菱EQ:三菱の省エネ性に期待!

-
佐賀県 銭谷様邸
佐賀県 銭谷様邸

ダイキンEQ:エコキュートライフを楽しんでます!

-
徳島県 佐々木様邸
徳島県 佐々木様邸

コロナEQ導入!

-
福岡県 H様邸
福岡県 H様邸

2世帯住宅にてダイキンEQ2台導入!

-
愛知県 O様邸
愛知県 O様邸

ダイキンEQ導入!

-
佐賀県 宇野様邸
佐賀県 宇野様邸

ダイキンEQ導入!

-
長野県 北河様邸
大阪府 園部様邸

三菱EQ導入!

-
長野県 北河様邸
長野県 北河様邸

三菱EQ導入!

-
岡山県 丘様邸
岡山県 丘様邸

ダイキンEQ導入!

-
広島県 K様邸
広島県 K様邸

三菱EQ導入!

-
神戸市 弓場様邸
神戸市 弓場様邸

三菱EQ・浴室乾燥機導入!

-
千葉県 高根様邸
千葉県 高根様邸

三菱EQ導入!

-
青森県 原様邸
青森県 原様邸

三菱EQ・エアコン導入!

-
兵庫県 白根様邸
兵庫県 白根様

三菱EQ導入!

-
愛媛県 管様邸
愛媛県 管様邸

ダイキンEQ導入!

-
仙台市 鳥飼様邸
仙台市 鳥飼様邸

ダイキンEQ導入!

-
東京都 仲居様邸
東京都 仲居様邸

パナソニックEQ導入!

-
堺市 林様邸
堺市 林様邸

ダイキンEQ3.7L導入!

お客様の声

15/2/3

ニュース

日立
新商品刷新 しました。
日立商品一覧

-

14/12/15

ニュース

東芝
新商品追加 しました。
FBX373CG/FBX463SCG=最新省エネ機能つき!

-

14/11/06

ニュース

ダイキン
新商品刷新 しました。
ダイキン商品一覧

-

14/11/06

ニュース

パナソニック
新商品刷新 しました。
Panasonic商品一覧

-

14/11/04

ニュース

日立
新商品刷新 しました。
日立商品一覧

-

14/08/19

ニュース

三菱
新商品刷新 しました。三菱商品一覧

-

14/05/28

ニュース

東芝
新商品(給湯専用)刷新 しました。東芝商品一覧

プロが教えるエコキュート

オール電化がクローズアップされている最近、TVのコマーシャルで「空気の熱でお湯が沸く!」と流れる度に「へぇ~」と思っていらっしゃる方、多いのではないでしょうか。このカラクリ、きちんと説明できますか?うっかり「どういうこと?」とお子さんに聞かれ「!」とあわてている方もいるのでは?

そこで今回は、この「空気の熱でお湯が沸く!」エコキュートの仕組みを、解りやすく簡単にご説明したいと思います。

大気中の熱を集めるのはヒートポンプ

普通、水をお湯にするにはどうするでしょう?火や電気などで加熱しますよね。しかし、エコキュートでは火や電気の熱を使わず、お湯をつくるのです。しかし、お湯をつくるためには『熱』を直接加えなくてはなりません。では、どうすれば良いのでしょうか?

そこで必要になるのが、空気の中に存在する『熱』なのです。大気中に満ち溢れている『熱』を上手く利用するのが、エコキュートのすごいところなのです。

では、どのようにして空気中の『熱』を集めるのでしょうか?その時活躍するのが「ヒートポンプ」という仕組みなのです。エコキュートは空気熱を利用する「ヒートポンプ」の給湯器なのです。「ヒートポンプ」という言葉は、エアコンなどで良く使われていますので、耳にしたことがあるかと思います。ところで「ヒートポンプ」とは何でしょう?まずは、言葉の意味をみてみましょう。

「ヒートポンプ」=Heat(熱)+ Pump(くみあげる)⇒ 熱をくみあげる

と言う意味になります。では次に、この「ヒートポンプ」が、どのようにして熱をくみあげるのか、そのカラクリをみていきましょう!

熱は圧縮されて高温になる

まずは、大気中の『熱』が、なぜお湯をつくれるほどの『高熱』になるのか?まずはこれについて説明を始めましょう。

『熱』は圧縮すると高温になるという特性があります。身近なところでは、圧力鍋などがイメージしやすいかもしれません。圧力をかけることで高温加熱ができ、調理時間が短くなっていますよね。この『圧縮』を利用して、大気中の『熱』を高温に変えているのが「ヒートポンプ」という仕組みなのです。

では「ヒートポンプ」で加熱するまでの流れを簡単に説明します。

  • ①大気中の熱を集める
  • ②集めた熱を圧縮機で圧縮 ※この圧縮機がコンプレッサー
  • ③圧縮された高温の熱を放出する
  • 再び①へ

この作業が、エコキュートの中で行われているのです。しかし、大気中の『熱』を集めるためには、もうひとつ役者が必要です。それが「冷媒」といわれるもの。エコキュートは、この「冷媒」に大きなエコが隠されています。

熱を集めてくれるのはCO2

大気中の『熱』をファンで機械の中へ送り込むだけでは『熱』は集まりません。室外機の中に送り込まれた大気から『熱』を取り込み、水に伝える役割をするのが「冷媒」です。この「冷媒」は自分自身が『熱』を吸収して温度を上げます。そして、その『熱』を放出することで、水に熱を伝えるという働き者なのです。

(※エアコンや冷蔵庫の場合は、室内・庫内の『熱』を吸収し、外へ放出することで温度を下げるという逆の働きをしています。)

「冷媒」として有名なのがフロンです。しかし、エコキュートは「冷媒」にフロンを使用せず、代わりに【CO2=二酸化炭素】を利用している点が注目のポイントなのです!

※エアコンや冷蔵庫などの冷媒は、いままでフロンが使われていましたが、環境に対する影響があるということで、最近は「代替フロン」「ノンフロン」という言葉がメジャーになっていますね。

この冷媒【CO2】は、オゾン層の破壊係数がゼロ。地球温暖化に対する影響も、フロンの1500~1700分の1。さらに「CO2」は、工場などで排出される副生ガスを再利用しているという理想的な冷媒なのです。

これで、大気中の『熱』を取り込み、『高熱』として加熱ができるようにするまでの役者が揃いました。では、エコキュートの仕組みを整理してみましょう。

エコキュートの働き

エコキュートの中で行われていることを、下記で整理してみましたのでご覧下さい。

  • ①室外機で大気を取り込む
    冷媒【CO2】が大気中の『熱』を吸収
  • ②熱を含む【CO2】はコンプレッサーで圧縮され『高熱』にそして『高熱』となった冷媒【CO2】は熱交換器へ
  • ③熱交換器で水に『熱』を伝える=加熱
    『熱』を排出した冷媒【CO2】は拡張弁へ
  • ④冷媒【CO2】は拡張弁で膨張される
    ※膨張させると【CO2】は外気温より低温になるため、空気中から熱を吸収しやすくなります。
  • ①に戻る

エコキュートは、このような循環により大気中の『熱』を延々取り込みながら、お湯をつくっているのです。この循環のなかで電気を使用しているのは、大気を取り込む時と圧縮する時です。そのため、少ない電気でお湯が沸かせるということになります。

現在のエコキュートは【電気1】に対し【空気2】を使って90度のお湯が沸かせる換算になっています。これが、電気だけでの給湯に比べ3倍の能力でお湯ができるという理由なのです。


見積もりのご依頼

フリーダイヤル

Copyright 2010 エコキュート専門店とくとくショップ.All Rights Reserved.