エコキュートの取替・付替・故障は

エコキュート専門店とくとくショップ

0120-054-405

エコキュートコラム

電気代を節約する「正しいエコキュートの使い方」

ヒートポンプ技術により空気の熱でお湯を沸かし、貯めておくことができるエコキュートは、電気料金の安い電力会社に契約変更したり、時間帯によって電気代が異なるプランを利用して、電気代が安い時間帯にお湯を作ることによって電気代の節約を期待できます。しかし、電力会社や電気プランの見直しだけでなく、エコキュートの利用方法によっても電気代を節約することもできます。

そのひとつがエコキュートを季節によって使い分けることです。エコキュートには省エネ機能が搭載されており、その機能を利用することが最も効率的にエコキュートを利用することができる方法です。しかし季節によってお湯の使用量は異なります。冬場などはお湯の使用量が増えるためタンクにお湯がなくなってしまい、電気代が高い日中にお湯を沸かさなくてはならなくしまう場合もあるでしょう。すると電気代節約どころか電気代が高くなってしまいます。よくお湯を使う冬場には、省エネモードの設定よりお湯を多く作る設定に切り替えておけば、湯切りすることなく、お湯を利用することができます。

2つ目のポイントは、その日にお湯を利用しない場合は、自動沸き増し機能をオフにすることです。エコキュートには、お湯が少なくなると沸き増しをする自動沸き増し機能が搭載されています。自動沸き増し機能が有効になっていると、お湯が少なくなると電気代の高い日中でも沸き増しして電気を使ってしまいます。そのため、その日はもうお湯を使わない場合には自動沸き増し機能をオフにすることで電気代を節約することができます。また、自動沸き増し機能については、ピークカット設定を行うこともポイントです。深夜の電気代が安いプランでは、電力が最も利用される日中のピーク時間には電気代がさらに高く設定されています。そのためピーク時間に沸き増しをしてしまうと電気代が高くなってしまうのです。自動沸き増し機能で、設定した時間帯に沸き増しをしないピークカット設定を行っておけば、電気代が一番高い時間帯に沸き増しすることを回避できます。なお、ピークカット設定機能の搭載はメーカーによって異なり、ピークカット設定機能がない場合は、ピーク時間前にお湯の残量を確認してピーク時間を避けて沸き増しをするといった手動での操作を行うことになります。

お風呂のお湯の使い方も工夫をすることで電気代の節約になります。例えばお湯がぬるくなった場合、追い炊きや自動保温を利用すると、タンク内でお湯を循環させてお湯を温めるため電気を使用します。しかしタンクの中に貯まっている高温のお湯を足す、高温足し湯を行えば電気の節約になります。足し湯では水がもったいないという場合は、お風呂の水を、翌日、洗濯に利用するとよいでしょう。エコキュートはエコキュートを中心とした利用をすることで電気代節約になるのです。

関連記事:エコキュートの機種選びを失敗しないために!最低限おさえておきたいポイントは?
関連記事:エコキュートで電気代は節約できる?電気代の目安や安く抑えるポイントを解説


コラム一覧