エコキュートの取替・付替・故障は

エコキュート専門店とくとくショップ

0120-054-405

エコキュートコラム

『電気温水器』から『エコキュート』に入れ替えするだけで給湯コストが下がるってホント?

現在、家庭の給湯システムとして『電気温水器』を利用している方であれば、インターネットなどで「電気温水器からエコキュートにするだけで給湯コストが削減できる!」などと言った情報を見かけることも多いでしょうし、給湯器を変えるだけで「本当に家計にかかる給湯コストを削減できるのかな?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

近年では、給湯器ひとつとってもさまざまな種類が存在しており、その中でも『電気温水器』と『エコキュート』は電気をエネルギー源とした給湯システムとして有名です。中には、同じ電気でお湯を沸かす給湯器なのだから、電気温水器とエコキュート、どちらを使っても給湯コストに大した違いなんてないのではと考えてしまう人もいることでしょう。さらに、エコキュートの導入を検討している方の中にも、『電気温水器』と『エコキュート』は、呼び名の違いだけで、同じ給湯システムだと思っている方までいるようなのです。

最初に言っておきますが、『電気温水器』と『エコキュート』、この二つの給湯システムには、明確な違いが存在しており別々の給湯システムとなります。さらに、現在電気温水器を利用している方がエコキュートに入れ替えするだけで、なんと従来の給湯コストが1/3程度にまで削減できる可能性があるのです。「同じ電気を使う給湯器なのに、信じられない」と思う方も少なくないと思いますので、この記事では、『電気温水器』と『エコキュート』の違いをご紹介したいと思います。

『電気温水器』と『エコキュート』の特徴

それではまず、電気でお湯を沸かす『電気温水器』と『エコキュート』のそれぞれの特徴からご紹介していきましょう。どちらも「電気でお湯を沸かすから火災の心配がなく安心!」などとキャッチコピーがつけられていることがあり、「どちらも電気がエネルギーだし似たような給湯器だろう」と考えてしまう人が多いです。しかし、この二つの給湯器は『電気でお湯を沸かす』という点では一緒ですが、全く同じ機構を持っているという訳ではないのです。
以下でそれぞれが持つ特徴について簡単にご紹介しておきましょう。

『電気温水器』の特徴

まずは電気温水器の特徴からです。名称から電気でお湯を作るシステムだというのはイメージできると思いますが、もう少しわかりやすく説明すると「大きな電気ポット」となります。この給湯機は、家庭で良く使用される電気ポットと同じように、電気エネルギーでヒーターを熱して、その熱でお湯を沸かす給湯器となっているのです。ガス給湯器などと比較して、不完全燃焼や火災などによる事故の心配がない安全な給湯システムというのが大きな特徴と言われます。
ただし、安全性が高いというメリットがある一方で、『電気のみ』でお湯を沸かすシステムとなってしまうため、給湯にかかる電気代が高くなってしまいがちです。したがって、使用する地域の気象条件などによっては、給湯器の中でも給湯コストが高い部類に入ると言われています。

『エコキュート』の特徴

次は、給湯コストが安いと近年人気になっているエコキュートの特徴です。エコキュートも、『電気でお湯を沸かす』という点では電気温水器と同じです。しかし、電気温水器と決定的に違うは、エアコンなどにも利用されているヒートポンプ技術が採用されていることです。
ヒートポンプ技術とは、大気中にある熱を取り込み、その熱を効率よく利用することができる仕組みで、これを採用していることによって、エコキュートはお湯を沸かす際に電気以外の力も使えることになるのです。つまり、『電気のみ』でお湯を沸かす電気温水器と比較した場合、大気中の熱も利用することができるため、お湯を作る時に必要になる電気が少ないのです。こういった機構的な違いがあり、電気温水器からエコキュートに入れ替えすることで、日々の給湯コストが削減できるという訳です。
なお最近では、太陽熱温水器の仕組みを応用した「太陽熱集熱ユニット」を搭載したエコキュートも登場しているなど、さらに省エネを実現するエコキュートも存在します。

両者の違いは?

ここまでの説明から分かるように、エコキュートと電気温水器は電気をエネルギー源としてお湯を沸かすという点では同じです。しかし、『電気のみ』でお湯を作る電気温水器に対して、エコキュートは大気中の熱や太陽熱まで有効利用することができるシステムとなっているため、エコキュートの方が給湯にかかるコストが安くなるのです。
できるだけ家計にかかる給湯コストを削減したいと考えるのであれば、この違いは是非覚えておきたいものです。

『電気温水器』から『エコキュート』に入れ替えするメリットは?

『電気温水器』と『エコキュート』それぞれの特徴を理解すると、電気温水器を利用していた方がエコキュートに入れ替えするだけで、日々の給湯コストを削減できるという大きなメリットが得られるとわかります。実は、『電気温水器』から『エコキュート』への入れ替えは、給湯コスト削減以外にもいくつかのメリットが存在しています。
そこでここでは、『電気温水器』から『エコキュート』へ入れ替えすることで、得られるメリットをご紹介しておきます。

『エコキュート』を選択するメリット

それでは、電気温水器を利用している方がエコキュートに入れ替えすることで得られるメリットをご紹介します。この入れ替えパターンにおける最も大きなメリットと言えるのは、やはり日々の給湯にかかる電気代を大幅に削減することができるということでしょう。一般的にですが、電気温水器の月々の給湯コストが6,000~7,500円と言われているのに対し、エコキュートに入れ替えしたご家庭では2,000円弱にまで給湯コストが下がると言われています。
つまり、日々の生活の中で普通にお湯を使っているだけなのに、家計にかかる給湯コストは約1/3になるということです。これだけでも、エコキュートに入れ替えする理由になると思いますが、他にもいくつかのメリットが存在しているのです。

  • エコキュートに入れ替えることで、CO2排出量削減など環境負荷を減らせる
  • 学習機能付きの機種を選べば、自動で節約運転をしてくれる
  • 電気料金をオール電化プランにすれば、より光熱費が削減できる
  • 貯湯タンクに貯めたお湯が災害時に非常用で使える

このように、エコキュートを選択するだけでさまざまなメリットが得られるのです。お湯を作っているだけで、勝手に光熱費を下げて環境負荷まで低減してくれるということが、近年のエコキュートの人気につながっています。

まとめ

今回は、電気をエネルギー源とした給湯器の代表、電気温水器とエコキュートの特徴についてご紹介してきました。この記事でご紹介したように、近年では、電気温水器を利用しているご家庭で、「エコキュートに入れ替えしたほうが給湯コストが安くなる」という情報が広がっており、弊社にもこの情報が本当なのか?というお問い合わせが入ることも少なくありません。

実際にこの二つの給湯器に関しては、『電気でお湯を作る』ということは同じでも、給湯器としての仕組みがかなり違っているため、エコキュートに入れ替えするだけで日々の給湯コストはかなり削減することが可能になると言えます。また、電気温水器からエコキュートへの入れ替えを考えた場合、設置工事もスムーズにいくという点もオススメ出来るポイントの一つとなります。例えば、ガス給湯器からエコキュートへの入れ替えを検討した場合、エネルギー源の違いだけでなく、給湯器としてのサイズの違いがネックとなることもあるのです。ガス給湯器は、マンションなどでも導入されているように、小型化が進み壁掛けで設置できるようになっています。しかし、エコキュートに関しては、ヒートポンプユニットと貯湯タンクの設置が必要になるため、それなりのスペースが必要になるのです。しかし、もともと電気温水器を利用していた方であれば、同じように貯湯タンクが備え付けの給湯システムとなっているため、設置場所に困るようなことはほとんどないと思います。

現在、電気温水器を利用している方で、エコキュートへの入れ替えを検討している方が入れば、ぜひお気軽にお問い合わせください。


コラム一覧