エコキュートの取替・付替・故障は

エコキュート専門店とくとくショップ

0120-054-405

エコキュートコラム

エコキュートの寿命を縮めてしまう使用上の注意点。長く使用するための対策もご紹介します!

近年では、電気をエネルギー源としてお湯を沸かす給湯器『エコキュート』の人気がどんどん上がっています。一般家庭で利用する給湯システムといえば、マンションなどへも広く普及している『ガス給湯器』をイメージする方が多いかもしれませんが、オール電化住宅が人気になっていることもあり、給湯システムに関しても電気を利用するエコキュートの需要が非常に高くなっているのです。

このエコキュートは、エアコンなどにも利用されているヒートポンプ技術が活用されているため、大気中の熱を効率よく利用することができるようになり、少ない電気でお湯を沸かすことができるのです。さらに、『瞬間式』の給湯器であるガス給湯器とは異なり、あらかじめ貯湯タンクにお湯を貯め置きしておくという『貯湯式』の給湯システムとなるため、電力会社との電気料金契約を上手に使って、家計にかかる給湯コストを大幅に削減することができるようになるのです。ガス給湯器と比較した場合のデメリットとしては、設置のためにそれなりのスペースが必要になることや、設置工事が大掛かりになるため、導入にかかるコストが割高になってしまう点です。しかし、エコキュートは、導入後10年以上も利用し続けるものですので、上手に使うことで、ガス給湯器との導入コストの差額は簡単に取り返せると言われ、ガス給湯器からエコキュートに入れ替えする方が増加しているのです。

ただし、エコキュートの導入を考えた場合には、運用上いくつか注意しておかなければならないポイントがあるのです。特に、今まではガス給湯器を利用していたという方であれば、普段の生活の中で注意しておかなければならないポイントが変わってしまいます。当然、エコキュートの導入にかけたコストを取り返そうと思えば、できるだけ長く使用できるように注意しなければいけません。そこで今回は、エコキュートの寿命を縮めてしまう条件や、できるだけ長く同じ製品を利用するための対策をご紹介します。

エコキュートの寿命を縮めてしまう注意点

それではまず、エコキュートの寿命を縮めてしまう可能性がある使用上の注意点からご紹介していきましょう。

そもそも、一般的なエコキュートの耐用年数(寿命)は10~15年程度と言われています。ただし、エコキュートは販売開始が2001年ということもあり、寿命に関するデータ量がまだまだ少ないため、メーカーなどが公表している一般的な寿命はあくまでも目安と思っておいた方が良いでしょう。特に近年では、エコキュートの人気の高さから多くのメーカーが開発・販売に参入しており、エコキュートの性能や耐久力もどんどん向上していると言われています。そのため、製造メーカーが推奨する使用方法を守り、小まめにメンテナンスさえしていれば、前述の耐用年数を過ぎたとしても問題なく利用できる可能性が高くなります。
しかし、さまざまな部品が複雑に組み合わさったシステムとなりますので、使い方を間違ってしまうと、本来の耐用年数よりかなり早く故障してしまう可能性もあるのです。ここでは、エコキュートの使用中に、寿命を縮めてしまう危険があるポイントをいくつかご紹介します。

水質が寿命に影響を与える

普段の生活の中で、毎日使用している水の水質に注目するような方はほとんどいないでしょう。しかし、エコキュートを導入する場合には、水質が寿命に影響を与えてしまう可能性があるため注意が必要です。もちろん、通常の水道水を利用しているご家庭であれば、何の問題もないのですが、地域によっては井戸水を利用しているご家庭などがまだ残っています。一般的に、「温泉水、地下水、井戸水、硬水」などを利用しているご家庭の場合、エコキュートを販売するメーカーが寿命の保証をしていないのです。さらに、こういった地域でエコキュートを導入して、水質が原因でエコキュートの故障が発生したとしても無償保証などの対象から外れてしまうのです。つまり、エコキュートを利用するのに水質に問題があると思われる条件の場合、万一のことを考えると有償延長保証などに加入しておく必要があるのです。

なお近年では、地下水や井戸水に対応したエコキュートが登場しています。こういったタイプであれば、水質を原因にメーカー保証の対象外になってしまうこともありませんので、ご家庭で「井戸水を利用している!」という方は、そういったエコキュートを選択しておきましょう。

入浴剤によっては寿命を縮める

普段の生活の中で、毎日のお風呂を楽しみにしており「必ず入浴剤を入れる!」という方も多いと思います。しかし、エコキュートを導入する場合には、使用する入浴剤に注意しなければならないのです。これは、エコキュートの購入時に付属されている取扱説明書にも必ず記載されていますが、導入する機種によって「使用できる入浴剤」と「使用を禁止されている入浴剤」が出てくるのです。
もちろん、全ての入浴剤が使用できなくなるわけではないのですが、以下のような特徴を持つ入浴剤は基本使えなくなると覚えておきましょう。

  • にごりタイプの入浴剤
  • 硫黄、酸、アルカリ、塩分を含んでいる入浴剤
  • 薬草、ゆず、茎など固形物が残る入浴剤
  • とろみがあるタイプの入浴剤
  • 炭酸カルシウムを含んでいる入浴剤

上のようなタイプの入浴剤を利用すると、エコキュートが故障してしまう可能性があります。ちなみに、メーカーや機種によって利用できる入浴剤が異なりますので、エコキュートの購入時に付属されている取扱説明書などで、「どの入浴剤が利用できるのか?」を予め確認してから運用を始めましょう。

エコキュートを長持ちさせるコツ

それでは、エコキュートをできるだけ長く利用するためにはどうすれば良いのでしょうか?どのような製品でも同じですが、せっかく導入する設備なら、できるだけ長く使用したいと考えるのは誰でも同じだと思います。こういった場合に、最も重要になるのは『日々のお手入れを小まめに行う』ということに尽きるでしょう。エコキュートは、さまざまな部品が組み合わさってできている製品で、多くの電子部品などが利用されているため、何のお手入れもせずに使用していると、本来の耐用年数よりもかなり早くダメになってしまう危険があるのです。
したがって、エコキュートを利用する場合には、定期的に下で紹介するお手入れをしてあげましょう。

貯湯タンクのお手入れについて

エコキュートは、深夜帯の安い電気でお湯を作り、それをタンクに貯めておくというシステムです。したがって、貯湯タンクのお手入れも非常に重要になるのです。
貯湯タンクの中は、キレイなお湯が貯まっているだけですので、「お手入れなんかしなくても汚れることはないのでは?」などと考える人もいますが、実は水道水の不純物がタンクの底に溜まってしまうのです。そのため、長期間お手入れを怠ってしまうと、お風呂のお湯にゴミや湯ドロが混じってしまい不衛生なお風呂になってしまう危険もあります。
エコキュートの貯湯タンクは、ステンレス製になっていますので、電気温水器などと比較すると雑菌が繁殖してしまう心配は少ないです。しかし、汚れは確実に蓄積していきますので、半年に1回程度の頻度で『貯湯タンクの水抜き』を行いましょう。参考として、一般的な『タンクの水抜き』方法をご紹介しておきますが、機種によって手順が微妙に異なりますので、実際に行う場合は取扱説明書の指示に従ってください。

  1. タンク下部のカバーを外し、給水配管用の水栓を閉める
  2. タンク上部中央にある『逃し弁』を手前に起こす
  3. タンク下部にある排水栓を1~2分間開ける
    ※排水ホッパーがある場合は、排水が溢れないように注意
  4. 1~2分間経過したら排水栓を閉じる
  5. ①で閉めた給水配管用の水栓を開ける
  6. 排水口から勢いよく水が出るのが確認出来たら、逃し弁を戻す

貯湯タンクの水抜きは、上記のような手順が一般的です。ただし、購入後数年間以上、一度も水抜きをしたことがないという場合であれば、既に汚れが蓄積しすぎており、水抜きでは綺麗にすることができない可能性が高いです。そのような場合は、一度専門業者に依頼してタンクの清掃をしてもらいましょう。

ヒートポンプのお手入れについて

エコキュートをできるだけ長く使用したいと考える場合、ヒートポンプユニットのお手入れも重要になります。ヒートポンプの定期的なお手入れは、水抜きや空気抜きと呼ばれる方法で、これを長期間放置してしまうとエコキュートの故障原因となってしまいます。ヒートポンプユニットのお手入れについては、年に2~3回程度の頻度が推奨されています。こちらも、機種ごとに微妙に手順が異なるのですが、参考として一般的な方法をご紹介しておきましょう。

  1. ヒートポンプユニットの水抜き栓を全て開く。
  2. 1分以上、①で開けた水抜き栓から水が排水されるのを確認。※水抜き栓は抜かないでください。
  3. 排水が確認出来たら、水抜き栓を閉じて完了です。

ヒートポンプユニットの水抜きに関しても、取扱説明書に記載されていますので確認しておきましょう。

まとめ

今回は、家庭の給湯コストを削減できると人気になっているエコキュートについて、せっかく導入したエコキュートの寿命が縮まってしまう原因やできるだけ長く使用するためのコツをご紹介してきました。もともとガス給湯器などを利用していた人であれば、機器の構成が変わってしまうため、どういったお手入れが必要で、何に注意しなければいけないかが理解できず、本来の耐用年数よりも早くダメにしてしまう人も少なくないかもしれません。
特に入浴剤に関しては、これが原因で給湯器が故障してしまう可能性があるというのは驚きだったかもしれません。もちろん、エコキュートにしたからといって全ての入浴剤が禁止されるわけではありませんので、毎日のお風呂を楽しみたいという希望も何の問題もなく叶えることができると思います。しかし、中にはエコキュートの故障につながるようなものもありますので、エコキュートの使用開始前にきちんと確認しておいた方が良いでしょう。お手入れ面に関しては、どのような製品でも必要になるものですので、「どういったお手入れをどの程度の頻度で行えば良いか?」を確認しておくと良いと思います。


コラム一覧