エコキュートの取替・付替・故障は

エコキュート専門店とくとくショップ

0120-054-405

エコキュートコラム

エコキュートのお湯切れが心配…お湯切れさせないためにはどうすれば良いの?

今回は、家庭の給湯システムをエコキュートに入れ替えしようと考えている方が、注意しておきたいエコキュートのお湯切れ対策についてご紹介していきたいと思います。

エコキュートは、電気でお湯を沸かす給湯器で、エアコンなどにも利用されているヒートポンプ技術を採用していることから、大気中の熱も効率よく活用できるようになるため、同じ電気でお湯を沸かす電気温水器などよりもかなり少ない電気でお湯を作ることができます。さらに、このエコキュートは、貯湯タンクが一体となった給湯器となっているため、日中に使用するお湯をまとめて沸かすという運用法が基本となります。したがって、電力会社が用意しているオール電化用の料金プランなどを上手に利用すれば、格安の深夜電力を利用してお湯を沸かすことができるようになるため、他の給湯器と比較してかなり給湯コストを削減できると言われているのです。

しかし、一日に使用するお湯をタンクに貯め置きして必要な時に給湯するというシステム上、瞬間式のガス給湯器にはない『お湯切れリスク』が存在しています。実際に、エコキュートへの入れ替えを検討して、弊社にお問い合わせいただくお客様の中にも「エコキュートのお湯切れが心配なのですが、どういった使い方をすれば安心ですか?」などといった質問をしてくる方は少なくありません。
そこで今回は、エコキュート利用中に発生してしまう『お湯切れ』トラブルの原因や、お湯切れさせないためにおさえておきたいポイントをご紹介していきたいと思います。

エコキュートの『お湯切れ』原因は何?

ここではまず、エコキュートを導入した家庭で「なぜお湯切れが起こってしまうのか?」という原因について考えてみたいと思います。

そもそも省エネ効果が高いと言われるエコキュートに『お湯切れリスク』がついて回る理由ですが、貯湯式の給湯システムになっていることが原因です。例えば、集合住宅などで広く普及しているガス給湯器を考えてみると、この給湯器は『お湯が必要な時に必要な量を作る』という瞬間式の給湯システムとなっています。このタイプの給湯器は、瞬間的に水をお湯にして供給するシステムとなりますので、お湯切れなどの心配はありません。しかし、エコキュートに関しては、一日に必要とするお湯をまとめてタンクに貯め置きしておくというシステムになります。そして、調理やシャワーなどでお湯が必要になった時に、タンクに貯められたお湯を給湯するというシステムになるのです。したがって、タンクに溜めた以上のお湯を使用してしまうと、シャワー中にお湯が水になるなどお湯切れを発生させてしまうのです。

このようなエコキュートのお湯切れは、主に以下の2つが理由となります。

  1. 導入したエコキュートのタンク容量が小さすぎる
  2. 普段よりも多くのお湯を使ってしまった

以下でそれぞれの理由についてもう少し詳しくご紹介しておきましょう。

タンク容量について

エコキュートの導入を検討した場合、家族構成などを指標に、エコキュートのタンク容量を選択しなければいけません。エコキュートのタンク容量は、メーカによって多少の誤差はあるものの、基本的に以下の3種類が用意されています。

  • 2~3人家族の場合 ⇒ タンク容量:320L
  • 3~5人家族の場合 ⇒ タンク容量:370L
  • 4~7人家族の場合 ⇒ タンク容量:460L

ちなみに、タンクには熱湯状態のお湯を貯め置きして、実際にお湯を供給するときには水道水と混ぜて適温にした状態で給湯しますので、タンクのサイズ以上のお湯を利用することが可能です。

エコキュート利用中に頻繁にお湯切れが発生してしまうといった場合、購入したタンクのサイズがご家庭で使用するお湯の量に合っていない可能性が高いです。上述したように、エコキュートからの給湯は、タンクに溜められているお湯を供給するものですので、日中にタンク容量以上のお湯を使用する生活習慣の場合「お湯を使いたいのにお湯切れで出ない」なんてことが頻繁に起こってしまうのです。
基本的にエコキュートの本体価格は、タンクのサイズが大きくなるほど高くなってしまいます。そのため「できるだけ安いものを」と考えて小さなものを選んでしまえば、こういったお湯切れリスクが高くなります。他にも、家族構成だけを参考にタンク容量を選ぶという手法も少し危険です。当然ですが、同じ人数の家族構成であっても、お湯の使い方というのは家庭によってかなり異なります。例えば、家族全員がスポーツをするご家庭で、頻繁にシャワーを浴びるというご家庭であれば、一般的な家庭よりも大量のお湯が必要になりますので、お湯切れリスクが高くなってしまうのです。
ちなみに、お湯切れが発生したとしても沸き増しすれば、お湯を利用できるようになりますが、お湯がなくなった状態からお湯を作る場合、使えるようになるまでそれなりの時間がかかってしまいます。さらに、電気代が割高な時間に沸き増しすることになるので、エコキュートの電気代削減効果もなくなってしまいます。

お湯の使いすぎ…

これは分かりやすいですね。このパターンは、親戚や友人が泊りに来たなど、普段の生活ではお湯切れなど起こさないのに、単純に使用湯量が増えてしまったことによってお湯が足りなくなるのです。
特に、最近のエコキュートには、学習機能などが搭載されており、普段のお湯の使い方を記憶して、最も低コストで運用できるように自分で判断してくれるエコキュートなどが登場しているのです。こういった機能を使っている場合、日常生活上はとても便利に使えるのですが、来客などで使用湯量が増えたなどと言ったイレギュラーがあった際には、エコキュートが判断した湯量では足りなくなってしまう危険があるのです。
また、こういった機能は、直近2週間分の使用湯量をもとに「どれだけお湯を作ればいいか?」などを計算する場合が多いため、夏⇒秋の季節の変わり目など、気温の違いで急に使用湯量が変わってしまう時にもお湯切れを発生させてしまうことがあります。

エコキュートの『お湯切れ』対策は?

それでは、エコキュートをお湯切れさせずに利用するにはどうすれば良いのでしょうか?ここでは、お湯切れをさせずにエコキュートを利用する場合に注意しておきたいポイントをご紹介します。

家庭に合ったタンク容量を選ぶ

エコキュートのお湯切れ対策を考えた場合、家庭で使用する湯量に対して「最適なタンク容量のエコキュートを選択する!」というのが最も重要になります。
エコキュートのタンク容量は、メーカーサイトなどでも『家族構成』を目安に推奨サイズを決めています。しかし、上述したように、家族構成だけを参考にタンクサイズを決めるのは少し危険なのです。当然、同じ家族構成の家庭であっても、普段のお湯の使い方は異なりますので、エコキュートのタンクサイズを決める時には、しっかりと普段の使用湯量を計算しておかなければいけません。
さらに、もう一つ注意したいのは、「エコキュートは10年以上使用する住宅設備」ということを考えてタンク容量を選択するということです。どういうことかというと、どのご家庭でも10年という長い期間、家族の使用湯量が全く変わらないなんてことはありませんよね。例えば、お子様が小学生から中学生になり、部活を始めたことで使用湯量が一気に増えてしまう…なんてことは普通にあることです。したがって、現在の使用湯量だけでなく、数年後に使用湯量が増えそうという場合には、それに見合ったタンクサイズを選択する方が結果的にお得になる場合があるのです。
上述したように、エコキュートがお湯切れしてしまい、日中に沸き増しが必要になると、割高な電気を利用することになりますので、本来持っている節電・省エネ効果を最大限生かせなくなってしまうのです。

エコキュートの機能をきちんと把握する

近年のエコキュートは、どんどん高機能化しており、上述したようにエコキュート自身が適切な湯量を判断して最もお得な運用方法を考えてくれるような「お任せモード」が搭載されています。しかし、こういった機能を過信しすぎてしまうと、少し生活習慣から違う現象があるだけで『お湯切れが発生』して困ってしまうことになるのです。
したがって、自分が導入したエコキュートにはどのような機能が搭載されているか、その機能はどういった事をしてくれるのかなどをしっかりと把握するようにしましょう。そうすれば、来客がある時には、満タンまでお湯を貯めておくように設定を変えるなど、状況によって上手にエコキュートを活用できるようになるのです。
ちなみに、エコキュートには、お得に使えるように「日中の沸き増しを停止する設定」や「常に満タンにお湯を貯める設定」などもありますので、状況によって使い分けることでお湯切れを防ぐことが可能になります。

まとめ

今回は、貯湯式の給湯器であるエコキュートの導入を検討している方が、ぜひ頭に入れておきたいエコキュートの『お湯切れ』に関する情報をご紹介しました。
この記事でご紹介したように、一日に使用するお湯をまとめて沸かしてタンクに貯めておくというシステム上、エコキュートにはお湯の使い過ぎやタンクサイズ間違いによるお湯切れリスクが存在するのです。しかし、エコキュートはまとめてお湯を沸かすことで電気代を安くできるというメリットも得られるようになるため、お湯切れリスクがあるからと言って仕組み自体を変更するわけにはいきません。

したがって、エコキュートの導入を検討した場合には、家庭に最適なタンクサイズを選択することや、エコキュートの機能をよく理解して使用するということを心がけましょう。そうすることで、エコキュートのお湯切れリスクを極限まで低くすることができるはずです。


コラム一覧