エコキュートの取替・付替・故障は

エコキュート専門店とくとくショップ

0120-054-405

エコキュートコラム

エコキュートには騒音トラブルが存在する!近隣住民とのトラブルを防ぐための対策は?

今回は、エコキュートの導入時に見落とされがちな近隣住宅とのトラブルについてご紹介します。近年では、省エネ目的や、自然災害時でも生活用水が確保できるなどの理由で、家庭で使用する給湯システムとしてエコキュートを導入する方が増加していると言われています。このエコキュートは、電気代が安くなる深夜帯の電力を利用してお湯を沸かすので家庭の給湯コストを削減できるメリットがあるのですが、その一方で周囲が寝静まった深夜に給湯器が稼働することから、近隣住民との騒音トラブルに発展してしまう場合があると言われています。

エコキュートは、他の給湯器と比較して、大幅に給湯コストを下げることが期待できることや、CO2排出量が少なく環境負荷の少ない地球にやさしい給湯システムなど、メリット面ばかりが注目されて、急速に普及が広がっているのですが、エコキュートが持つデメリットに関しては無視されてしまいがちです。その中でも、エコキュートが稼働する時に出す駆動音による近隣との騒音トラブルに関しては、あまり知られていないのが現状です。エコキュートは、エアコンなどにも利用されているヒートポンプ技術を利用してお湯を沸かすシステムなのですが、稼働の際には多少の駆動音や振動が発生するのです。もちろん、家庭で使用する住宅設備となりますので、そこまで大きな音が鳴るようなことはないのですが、『深夜帯に稼働する』という特性上、周囲が静かな分、エコキュートの音が目立ってしまうことがあるのです。実際に、エコキュートの導入により、近隣住民との起訴問題にまで発展したケースもあるなど、現在エコキュートの導入を検討している方であれば、導入時に何らかの対策をしておくのがオススメです。

そこでこの記事では、エコキュートの騒音トラブルの原因やその対策についてご紹介します。

エコキュートの導入で騒音トラブルになる原因は?

それではまず、エコキュートの導入で騒音トラブルが発生してしまう原因について簡単にご紹介しておきましょう。

「エコキュートによる騒音トラブル…」などと聞くと、エコキュートとはどれほど大きな音が出るのだ…と、導入を躊躇してしまう人もいるかもしれませんが、その辺りは安心してください。本来、エコキュートの稼働時に発生する音は『40dB程度』と言われており、これは昼間の閑静な住宅街の騒音知程度で、通常騒音トラブルに発展するような音の大きさではないのです。例えば、エコキュートと同じヒートポンプ技術を利用しているエアコンの室外機などは、稼働時に『50~60dB程度』の騒音値になると言われており、それよりも静かなエコキュートでトラブルになるのは珍しい事なのです。

エコキュートの騒音は低周波音が原因

それでは、そこまで大きな音を発することが無いエコキュートで、近隣とのトラブルにまで発展する理由は何なのでしょうか?実はエコキュートによる騒音トラブルについては、音そのものの大きさではなく、低周波音を発生させることが原因だと言われています。

エコキュートの導入後に、トラブルになる音は、本体ではなくヒートポンプユニットが発しています。エコキュートを稼働させている場合には、12.5Hz程度の低周波音が発生すると言われており、本来この程度の音は人間の耳に聞こえるようなことはないのですが、聴覚で感知できなくても体が周波数に反応してしまうことがあるのです。したがって、それを感じてしまう人が近くに住んでいた場合、騒音トラブルが発生してしまうのです。ちなみに、2014年に公表された環境省のデータでは、エコキュートなどが原因と考えられる低周波音の苦情件数が59件/年間あったとされています。

低周波音とは?

低周波音と聞いても、いまいちどのような音かイメージできない…という方は、冷蔵庫の音や車のアイドリング音をイメージしてください。低周波音は、周波数100 Hz以下の音を指しており、通常、人の聴覚では感知できないとされているのですが、振動として感知してしまう場合があるのです。そのため、何の影響も受けない人が多い一方で、低周波音によって体調を崩してしまうような人も存在するのです。現在の日本では、低周波音に関して、騒音の基準値のようなものが作られておらず、「一般被験者の90%の人が寝室で許容できるレベル」という参照値のみがある状況です。これは、ある人が「うるさい…」と感じてしまうものでも、90%以上の人が問題ないと許容できるのであれば認められるということです。
つまりエコキュートの発する音は、大多数の人は全く気にならない音なのですが、気になり始めた人が「うるさくて仕方ない…」と感じてしまい、騒音トラブルになるのです。もちろん、国の基準的には許容される範囲の低周波音なのでしょうが、隣人から何らかの対策をしてほしいと言われれば、無視するわけにはいかないでしょう。

エコキュートの騒音対策は?

それでは、近隣住民に配慮してエコキュートの導入を行うためにできるエコキュートの騒音対策についてもご紹介しておきましょう。ここまでの説明で分かるように、そもそもエコキュートは稼働の際に大きな音を発生するわけではありません。したがって、設置工事の際にちょっとした対策を行っておくだけで、かなり有効な騒音対策をすることができるのです。

設置場所を考える

近隣住宅に配慮してエコキュートの導入を行う場合には、エコキュートの低周波音の発生源となるヒートポンプユニットの設置場所の選定が重要になります。いくら大きな音が出ないエコキュートでも、寝室の真横などに設置してしまえば、ダイレクトに振動などが伝わってしまい、トラブルに発展してしまう可能性が高くなってしまいます。したがって、近隣住宅はもちろん、自宅の寝室の位置などを考えてエコキュートの設置場所を選定しましょう。
一般的に、寝室から15m以上離れるような場所に設置を行うのが良いとされています。また、ヒートポンプユニットの前に、1m以上の高さがある塀があればさらに安心でしょう。できることなら、エコキュートの設置前に、近隣住宅の間取りなども相談しておくのが良いかもしれません。

防振対策を施す

エコキュートの騒音は、振動による低周波音が問題となるわけですので、エコキュートが稼働することによって発生する揺れを抑えるというのも、非常に有効な対策になります。例えば、エコキュートのヒートポンプユニットなどは、コンクリートに直置きされている場合が多いのですが、この場合どうしても振動による音が発生してしまいます。
したがって、こういった機器を設置するとき、コンクリートの間などに防振ゴムや防音シートを設置して、稼働による揺れを最小限にする方法があるのです。この手法であれば、設置前に業者に指示しておけば問題なく行ってくれるはずです。また、既にエコキュートを設置して運用中の場合でも、後付けで出来る騒音対策ですので、「隣人に迷惑をかけていないかな…」と不安な方は今からでも設置するのがオススメです。

まとめ

今回は、エコキュートの導入時に見落とされがちな、エコキュート導入後の近隣住民との騒音トラブルについてご紹介しました。この記事でご紹介したように、エコキュートが発生する音に関しては、そこまで大きな音を発生させるようなことはありませんので、頻繁に騒音トラブルに発展するわけではありませんので安心してください。しかし、周囲が寝静まった深夜に稼働する給湯システムとなるため、周囲に神経質な方が住んでいる場合には、こういったトラブルに発展する可能性があると頭に入れておいた方が良いでしょう。
また、都市部などになると、隣家との距離が非常に近い…という立地条件の場合がありますので、こういった場合にはきちんと防振対策を施しておくのがオススメです。

関連記事:コロナのエコキュートを利用中の方へ!不具合が生じた時の対処法をご紹介!
関連記事:エコキュートが凍結してお湯が出ない…困った時の対処法と今後の対策について


コラム一覧