エコキュートの取替・付替・故障は

エコキュート専門店とくとくショップ

0120-054-405

エコキュートコラム

給湯コスト削減効果が高いエコキュートを、さらに賢く運用するための節約術をご紹介!

給湯コスト削減効果が高いエコキュートを節約しようと考えている女性

今回は、家計にかかる給湯コストを削減してくれると人気のエコキュートについて、エコキュートをより賢く利用するための節約術についてご紹介していきたいと思います。

エコキュートは、エアコンなどにも利用されているヒートポンプ技術を採用した給湯器で、大気中の熱を効率よく活用してお湯を沸かすシステムとなっているため、少ない電気でお湯を沸かすことが可能です。さらに、貯湯タンクとセットとなった給湯システムとなっており、一日に使用するお湯を安い深夜帯の電気でまとめて沸かして貯め置きしておくという運用方法になっているため、他の給湯器と比較しても大幅に給湯コストを安くできると言われているのです。

このように、高い光熱費削減効果を持つエコキュートですが、普段の生活の中で何も考えずに使用していた場合、エコキュートの運用にかかる電気代が年間で5000円近く損してしまっている可能性があるのはご存知でしょうか?実はエコキュートは、どのような設定で運用しているのか、どういった使い方をしているのかということで、得られる光熱費削減効果がかなり変わってきてしまうのです。そこでこの記事では、今からでもできる賢いエコキュートの節約術をいくつかご紹介していきたいと思います。

エコキュートの節約術は?

それでは、エコキュートの導入を検討した場合、できるだけ安くエコキュートを運用するために知っておきたい節約術をご紹介していきましょう。

近年では、給湯器にもさまざまな種類が登場しており、導入する給湯器によってお湯を作る際のエネルギー源すら異なる機器も存在します。日本国内では、設置スペースをあまり必要としないガス給湯器が広く普及しているイメージですが、最近ではエコキュートの人気が急上昇しているのです。というのも、エコキュートは他の給湯器と比較しても、ランニングコストがかなり安くなると言われており、エコキュートの人気メーカーパナソニックが公表している他製品との比較では、電気温水器・ガス給湯器・石油給湯器などと比較して、1/3~1/5程度のランニングコストで運用可能だと言われているのです。
そのため、特に何も考えずに運用したとしてもそれなりに高い光熱費削減効果を得ることは可能です。しかし、できるだけ賢くエコキュートを利用したいと思うのであれば、以下でご紹介する節約術を覚えておきましょう。

参考:パナソニック「エコキュートのランニングコストについて

『沸き上げ温度設定』に注意

エコキュートを賢く利用するために覚えておきたい節約術の一つ目は「貯湯タンク内の沸き上げ温度設定」についてです。

エコキュートを利用する場合には、自分好みの温度を設定しておけば、その設定温度のお湯をお風呂などに供給してくれるので非常に便利です。エコキュートがちょうど良い温度のお湯を供給できるのは、タンクに溜まった熱湯に水道水を混ぜて、設定温度に調整したお湯を供給するからなのですが、この「熱湯と水道水を混ぜて温度調整をする」というシステムを理解しておけば、なぜタンク内の設定温度が重要か分かります。
例えば、外気温の高い夏場などは、水道水自体の温度も上昇してしまっています。つまり、タンクに溜まっている熱湯の温度を下げるためには、たくさんの水道水が必要になってしまう訳です。逆に、タンクに貯め置きされているお湯に関しては、あまり消費されなくなってしまうので、設定温度を気にせずに運用してしまうと、余計なお湯を沸かすことにもなるため、電気代も水道代も余計にかかってしまう訳です。

このような無駄をなくすためには、外気温などを考えて貯湯タンク内のお湯の沸き上げ温度設定を変えることや必要以上のお湯を作らないよう、日中に必要になるお湯の量を見極めて沸き上げすることが重要になります。このポイントを掴んでおくだけで、余計な光熱費が掛かってしまうのを回避することができるようになるでしょう。
なお、比較的新しいモデルのエコキュートであれば、エコキュート自体が設定温度や沸き上げ量を調整してくれるような便利機能が付属されています。例えば、三菱電機のエコキュートなどには、『おまかせ』モードという運転モードが搭載されており、これにより過去2週間の使用湯量を自動学習し、無駄の少ない湯量を判断して自動で沸き上げしてくれるのです。もちろん、他のメーカーにも似たような機能が付属されているエコキュートがありますので、ご自身のライフスタイルに合う機能はどれか?ということも考えて、最も賢く利用できる機種を選ぶようにしましょう。

『給湯温度』に注意!

次は、エコキュートの『給湯温度』設定についてです。一般的にですが、エコキュートの給湯温度は「50℃」に設定しておくのが最も省エネ効果が高いと言われています。その理由を以下でご紹介しましょう。

給湯温度を50℃と聞くと「ちょっと温度が高すぎないかな」と考えた人も多いかもしれませんね。しかし、エコキュートの給湯温度に関しては、貯湯タンクから送られてくる配管を通る際に3℃程度温度が下がると言われており、50℃に設定していれば、実際に蛇口から出てくるお湯の温度は47℃程度になっているのです。ただし、お風呂に入ることを考えたら、47℃でも十分に熱湯と言えるじゃないと思いますよね。もちろんこれには理由があります。

エコキュートの給湯温度を50℃に設定しておけば、上述のように少し熱いと言える温度を保つことが可能です。そして実際にお風呂やシャワーにお湯を利用する場合には、蛇口を混合水栓にして自分で調整できるようにするのが最も効率が良いのです。そうすることによって、お風呂のお湯がぬるいと感じることもありませんし、シャワーの水圧を高くすることができるため、シャワーを利用する時間を短縮できると言われているのです。「設定温度を低くした方がお得になるかも」などと考えて、40℃程度に設定してしまった場合、蛇口から供給されるお湯の温度は37℃程度になりますので、ぬるく感じるうえに大量のお湯を使ってしまうという非効率な運用方法になってしまう可能性が高いです。
ちなみに、夏場と冬場では蛇口から供給されるお湯の温度は変わってしまいますので、季節も考えて小まめに設定を変えるのが節約につながります。

『沸き上げ』に注意!

最後は、エコキュートを使ってお湯を沸き上げする時間についてです。近年では、オール電化住宅やエコキュートを利用しているご家庭のため、大手電力会社では深夜帯の電気料金が格安になる料金プランが作られています。エコキュートは、沸かしたお湯を貯湯タンクに貯め置きすることができるため、このような安い電力を利用してまとめてお湯を沸き上げすることで給湯コストを大幅に下げることが可能になるのです。

インターネットなどでエコキュートについて調べてみると、多くのサイトで「安い深夜の電気を使ってお湯を作るからエコキュートはお得!」などと紹介されています。そのため、エコキュートは深夜にしかお湯を作らないシステムなのだと考えている人もいるかもしれませんね。しかし、当然エコキュートは「深夜しかお湯を作ることができない」わけではなく、昼間でもお湯を沸かすことは可能です。特に注意が必要なのは、エコキュートに搭載されている湯切れ防止機能です。この機能は、日中にお湯を使いすぎてしまい、必要な時にお湯切れして困らないようにと、一定以上をお湯を利用してしまうと電気代など関係なしに沸き増しする機能です。つまり、この機能を常に『ON』の状態でエコキュートを利用していると、気付かないうちに電気代が高い昼間にお湯を沸かしてしまう可能性があるのです。

エコキュートをできるだけお得に使用したいと考えるのであれば、こういった便利機能を切っておき深夜にしかお湯を沸かさない設定にしておくなどの工夫が必要です。なお、エコキュートは、購入した状態(初期設定状態)のままだと「夜23時~朝7時」が深夜時間と設定されています。つまり、この時間内にお湯を沸かすということです。しかし、ご家庭で契約している電気料金プランの深夜時間とズレているのであれば、エコキュートの深夜時間の設定を変更するのも忘れないようにしましょう。

卒FITを迎えたなら昼間運転の方がお得?

エコキュートは、上述したように「深夜帯の安い電気を利用してお湯を沸かす」というのが基本となります。しかし、太陽光発電設備を導入しているご家庭で、卒FITを迎えてしまったのであれば、今まで売電に回していた電気をエコキュートに利用してお湯を沸かすのが最もお得になります。卒FIT後の売電価格は、安いと言われる深夜帯の電気代よりもさらに安い金額となりますので、売電するよりも自家消費に回した方がお得になると言われているのです。エコキュートメーカーでも卒FITを迎えたご家庭でよりお得にエコキュートが利用できるよう、太陽光発電と上手に連携できるエコキュートを発売していますので、そういった最新モデルを導入するのもオススメです。
なお、卒FITを迎えたご家庭でのエコキュートの上手な利用方法は別の記事でまとめておきます。

まとめ

今回は、他の給湯器と比較して給湯コストが安いと言われているエコキュートに関して、より賢く利用するための節約術をご紹介しました。

この記事でご紹介したように、エコキュートはヒートポンプ技術で大気中の熱を効率よく利用できることや安い電気代でまとめてお湯を作ることができるなどのメリットがあるため、他の給湯器よりも大幅に給湯コストを削減できる非常に優れた住宅設備となります。しかし、いくら優れた給湯システムだとしても、何も考えずに運用を続けていると、本来エコキュートが持つはずの光熱費削減効果を最大限生かすことはできないのです。

ここでご紹介したエコキュートの節約術は、今日から誰でも簡単にできる手法ですので、エコキュートを導入している方で「今までそんなこと気にしたことが無かった」というのであれば参考にしてみてください。

関連記事:エコキュートにはメリットしかない?意外と語られないエコキュートのデメリットをおさえておきましょう!
関連記事:エコキュートで電気代は節約できる?電気代の目安や安く抑えるポイントを解説


コラム一覧