エコキュートの取替・付替・故障は

エコキュート専門店とくとくショップ

0120-054-405

エコキュートコラム

結局「エコキュート」って一体何?

仕組みや特徴を分かりやすく解説

「結局エコキュートって何なのだろう?」と疑問にお持ちの方はいらっしゃるのではないでしょうか。「エコキュートを導入すればお得になる」ということも良く耳にするかと思います。しかし、そもそもエコキュートに知らなければ、お得になると言われてもなかなか実感がわかないと思います。

そこで今回は、エコキュートについて基礎的なことからその仕組みや特徴について詳しくご紹介いたします。ぜひ最後までご覧ください。

エコキュートとは?

エコキュートは、お風呂等にお湯を入れるために使われる給湯器です。給湯器は別名「給湯システム」と呼ばれ、浴槽のお湯張りやキッチンへの給湯等、家庭で使うお湯をまかなっています。

この給湯器が稼働するためには、エネルギーとなる「熱源」が必要です。この熱源にはガスや電気、石油等があり、それぞれを熱源とする給湯器を「ガス給湯器」「電気給湯器」「石油給湯器」と呼びます。エコキュートはこの中で「電気給湯器」に入ります。

他にも、エコキュートは電気以外にも「空気の熱」を使っています。空気の熱はエコキュートの「ヒートポンプユニット」に取り込まれ、その空気の熱を水に受け渡すことでお湯を沸かすという技術が使われています。つまり、エコキュートは「少しの電気だけで効率よくお湯を沸かせる」ため、省エネ性能に優れた給湯器だといわれているのです。

エコキュートの機能と選び方とは

ここではエコキュートの機能と選び方についてご紹介いたします。エコキュートといっても様々なタイプがあります。ご家庭の状況によっては最適なエコキュートのタイプは変わってきます。そのため、しっかりとエコキュートの機能と選び方について知っておきましょう。

フルオートタイプ

ボタン一つでお湯張りや保温、足し湯、追い焚き等あらゆる機能を自動で行ってくれます。メーカーの7~8割の製品はこのフルオートタイプです。
高機能な代わりに価格は高いです。また、多機能なため故障の原因が他のタイプより多いというデメリットがあります。ただし、ほぼ全てが自動操作なので非常に快適な使用感です。

オートタイプ(セミオートタイプ)

こちらもフルオートタイプと同じくお湯張りは自動ですが、保温(追い焚き)はできません。足し湯を手動で行います。フルオートタイプよりも価格が安く、リーズナブルにエコキュートを使えます。

給湯専用タイプ

蛇口から給湯をするシンプルな給湯スタイルのエコキュートです。お湯張りは手動、保温や追い焚き機能はなく、足し湯手動です。
このタイプは他の2つと比べて初期投資が非常に安く、手軽に導入できるのが最大の魅力です。お湯を出し過ぎて浴槽からあふれる前にお湯の量を知らせてくれる等、最低限の機能は揃っています。

各メーカーにより「便利機能」も多彩にある!

便利機能とは、各メーカーによって異なる特徴的な機能のことを指します。一例としては

  • パワフル高圧(パナソニック)
  • ホットあわー(三菱電機)
  • 高圧力パワフル給湯(コロナ)

等メーカーによって機能が異なります。

便利機能でエコキュートを絞り込むと、特徴や機能、使い勝手が見えてきます。工事費等の価格や日々の電気代(ランニングコスト)を含め、色々と比較検討してからの購入がお勧めです。

エコキュートの仕組みについて

ここではエコキュートの仕組みについて詳しくご紹介いたします。エコキュートがどのような仕組みで動いていて、お得になるのか知ることはエコキュートを導入するにあたって非常に重要な知識です。しっかり確認しておきましょう。

エコキュートと同じ仕組みを持つ「エアコン」

エコキュートと同じ仕組みを持つ電機製品に「エアコン」があります。エアコンはエコキュートと同じく「ヒートポンプ」の機能を持ったものです。
エアコンはこのヒートポンプ技術で、空気の熱を外に追い出して部屋の温度を下げることや、反対に外の空気の熱を集めて部屋を暖かくしています。

エコキュートにもエアコンと同じヒートポンプ技術が使われています。エコキュートの「ヒートポンプユニット」には空気から熱を集めるための「空気熱交換機」と熱を水に移すための「水熱交換器」、そして「圧縮機」と呼ばれる部品が入っています。
これらの部品はパイプで繋がっていて、パイプの中にある「冷媒」が空気から集めた熱を乗せ、パイプの中を移動していくのです。
このヒートポンプユニットの機能により、いつでも温かいお湯が使えるようになっています。

ヒートポンプユニットの仕組みについて

ヒートポンプユニットの仕組みを簡単にご説明すると次の通りです。

    1. ファンを回して空気を取り込む

    ファンを回して空気を集め、集めた空気を「空気熱交換器」に送ります。 2. 空気熱交換器で冷媒に熱を受け渡す

    空気熱交換器で空気の熱を冷媒(二酸化炭素)に移し替えます。冷媒は温度が低くなっているため、空気の熱が伝わりやすくなっている状態です。 3. 熱を受け取った冷媒を圧縮機へ送る

    空気の熱を持った冷媒が圧縮機へ移動します。圧縮機に冷媒を溜めていくのが目的です。 4. 冷媒を圧縮する

    圧縮機の冷媒を圧縮することで、さらに温度が上昇します。 5. 圧縮した冷媒を水熱交換器へ送る

    温度が上がった冷媒が水熱交換器へ移動します。水熱交換器は水道から水も送られてきます。 6. 水熱交換器で水に熱を受け渡す

    水熱交換器で冷媒の熱を水へ移し替えます。冷媒は高温で水は水道から供給される温度のままなので、熱が伝わりやすくなっています。 7. 熱を受け取った水を貯湯タンクへ送る

    水は熱を受け取ってお湯になります。お湯はタンクへ移動し約65~90度で保温されます。 8. 熱を渡した冷媒は膨張弁へ移動

    膨張弁で冷媒を膨張させることにより、圧縮とは反対に冷媒の温度が下がります。 9. 冷媒が空気熱交換器へ移動する

    温度が下がった冷媒は再び空気熱交換器へ移動し、空気の熱を受け取ります。

少しややこしいかもしれませんが、完璧に覚えておく必要はありませんので、気軽に確認しておきましょう。

エコキュートはどのぐらいお得?

エコキュートは電気給湯器ですが、電気の力だけでお湯を沸かしているのではありません。空気の熱を併用しているため、ガスだけでお湯を沸かすガス給湯器や電気だけでお湯を沸かす電気温水器よりも光熱費が安価になります。

また、資源エネルギー庁の「エネルギー白書」によれば、家庭の給湯に関するエネルギー消費は全体の28%にのぼります。普段の生活で使うエネルギーの4分の1以上が給湯に使われていると考えると、エコキュートの節約効果はかなりのものといえるでしょう。

電気代が気になってしまう方もいますが、エコキュートは基本的に電力単価の安い「深夜電力」を使ってお湯を沸かし保温しておくためリーズナブルです。深夜電力を使う際には別途電力契約が必要ですが、エコキュートを導入する際に設置業者が要望に応じて代行契約してくれるので安心です。

エコキュートが持つ特徴は?メリットとデメリットを知ろう

ここではエコキュートが持つメリット・デメリットについてご紹介いたします。エコキュートは多くのメリットがありますが、その反対にデメリットも持ち合わせております。両面をしっかり確認したうえで導入を検討しましょう。

エコキュートのメリット

エコキュートのメリットは次の通りです。

  • 光熱費(ランニングコスト)が安い
  • 省エネ性能が高い
  • 貯湯タンクのお湯は災害時などにも使える
  • 学習機能で必要以上のお湯を沸かさなくて良い
  • 災害時はガス給湯器などよりも復旧が早い
  • 自治体などから補助金が出る場合がある
  • HEMS(Home Energy Management System)に対応している
  • オール電化で光熱費が安くなる

エコキュートの最大のメリットは「光熱費の安さ」です。電気単価が安い深夜電力を活用することにより、ランニングコストが安くなるため他の給湯器よりも節約することができます。
ただし、エコキュートで深夜電力を使うためには「オール電化にすること」が望ましいです。オール電化の専用プランで電力契約することにより、エコキュートの省エネ性能を最大限発揮できます。
他にも学習能力がある、災害時にエコキュートの貯湯タンクが使える、災害時の電気復旧が早い等があります。家庭で使うエネルギーを無駄にしないためには、エコキュートが必須といえますね。

エコキュートのデメリット

エコキュートのデメリットは次の通りです。

  • 給湯器の中では設置費用が高い
  • 貯湯タンク、ヒートポンプユニットの設置場所が必要になる
  • 運転音(低周波)が気になる人がいる
  • お湯の使い方次第では湯切れを起こす
  • 冬の光熱費は夏の光熱費よりも高くなる
  • 時間帯別電灯などの契約をする必要がある
  • ガス給湯器よりも水圧が低め
  • お湯をそのまま飲用できない

エコキュートの最大のデメリットが「設置費用の高さ」です。他の給湯器と比べると圧倒的な差があります。例を出すと、比較的安いガス給湯器であれば、給湯専用の機種であれば5万円前後で設置が可能です。メーカーや給湯器の性能を問わなければもっと安価にもできます。

一方、エコキュートは給湯専用の機種でも25万はかかります。高機能なフルオートタイプになると、50万~60万かかってしまうことも珍しくありません。

エコキュートはあくまでも「長い目」で見た時にお得になりますが、一時的には非常に多くの負担費用がかかります。また、エコキュート以外の光熱費がかさんでしまい、思ったより節約にならないこともあります。そのほとんどが「真夏の昼間」です。

エアコンなどのエコキュート以外の電化製品による電力消費が大きくなり、電気代が高くなってしまいます。エコキュートで給湯に必要な光熱費が安くなる=家庭の光熱費が必ず下がる訳ではない、ということも理解しておくことが必要です。

お得にエコキュートを使うための方法とは?

お得にエコキュートを使いこなすにはどんな方法があるのでしょうか?一般的には以下があげられます。

  • 蓄電池・電気自動車(EV)を導入する
  • 深夜電力を上手に活用する
  • 冬のエアコン暖房を「蓄熱式床暖房」に切り替える

このような「少しの工夫」でエコキュートのデメリットをメリットに変えることが可能です。デメリットで悩むよりも、メリットを伸ばすよう意識を向けていくことをお勧めします。

まとめ:賢く選んでエコキュートを活用しよう!

エコキュートはただ「導入する」だけでは節約になりません。選び方や活用方法を知ることで、電気代の節約につながります。しっかりとエコキュートの仕組みや機能を知り、賢くエコキュートを活用していきましょう。


コラム一覧